田並の秋祭り

彼岸花が咲き始め、秋の気配が感じられるようになった9月24日、田並天満宮の秋祭りが開催された。この辺り一帯では一番早い秋祭りであり、田並の祭りを機に各地で祭囃子が聞こえるようになる。

田並天満宮は菅原道真を主神とし、田並の祭りも道真に因むものとなっている。

6本の大幟と神輿、笛太鼓が天満宮から田並の海まで練り歩く。練り歩くと言っても、天満宮から海岸までの約1.5キロをお酒を飲みながらのんびりと行くわけである。

IMG_2885

この行列は、道真の太宰府左遷をなぞったものとされ、旅装束16人の担ぎ手にかつがれた御輿が旅に出るさいに、道真を募る住民たちが大幟を立てて行列を阻止するという図である。かつては、御輿も二台出て、道中大幟と押しつ戻しつつ海岸に向かったそうであるが、今は神輿も一台で、いろいろと省略化されつつも存続しているといったところだ。

田並の祭りのクライマックスは、海岸までたどり着いた神輿がそのまま海に入り、海から上陸しようとする神輿衆を大幟衆が押し合い戻され、飛沫を上げてなんとか上陸するといったシーンである。

21985865_891515037663683_1545596419_o

この頃になると、田並の住民などギャラリーも集まり、かつての賑やかさを彷彿とさせる。

神輿が海から上がると、海岸で獅子舞が披露され、祭りで火照った田並の空に涼しげな笛太鼓が鳴り響き、祭りは幕を閉じる。

田並も、他の田舎の集落と同じように人口減で昔の賑わいを失われつつある。そんな中で祭りを存続しようとする地元の人たちが、年寄り若者を含め、形式の簡略化を含め様々な工夫をしながらも存続しようと努力している。いつまでも、祭りの笛太鼓が鳴り響く元気な集落でいて欲しいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です