クラウドファンディング第二弾!

クラウドファンディング第二弾がスタートしました。

今回は、再生した劇場で古い邦画を上映しようというプロジェクトです。

田並劇場が現役だった時代は、1950年代から〜1970年代頃、日本は高度経済成長期真っ盛り、日本の映画産業も成熟してきた頃です。同時にテクノロジーも著しく発達し、白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫が三種の神器として、各家庭に備わってきたのもその時代です。特にテレビは、東京オリンピック、皇太子の結婚、アポロの月着陸、大阪万博などビックイベントの度にシェアを伸ばし、その裏で、成熟した映画産業が傾き始めます。

 

IMG_5464

 

当時、映画をみる環境は地方においても充実していました。劇場や映画館はじめ公共の会館などで定期的に映画の上映がなされていて、一本のフィルムを各村にある会館などで持ち回して上映していて、スケジュールが隣町とかぶっていたりすると、上映が終わったフィルムの巻から、それ急げっと自転車で運んでいたという話を、田並劇場に顔を出してくれた地元の方から聞いたりもしました。何かトラブルがあったりすると、映画の途中でフィルム待ちをしていたとか。何ともおおらかな時代でもある。

 

そんな時代、田並劇場も村の文化的娯楽の中心として機能していた。地元の方から聞く劇場の思い出は、こんな映画を見たとか、あんな映画を見たとか、映画に関する思い出が圧倒的に多い。そして、劇場から出てきたその当時のポスターを見せると、みなさん役者さんの名前とかよく知っていること!

 

劇場に思い出がある人が、まだ多くいる内に、劇場で当時の映画を上映したいという思いは、そんな思い出話を聞くたびに募っていました。

 

劇場を始動させるために、一度時間を巻き戻して劇場が現役だった当時の雰囲気を蘇らせるところから始める、そこから劇場をどのような方向性で運営していくのかを考える。今回のプロジェクトは、そんな気持ちから企画しました。

 

みなさんどうぞご支援お願いしたします!

https://readyfor.jp/projects/tanami-cinema

スクリーンショット 2018-05-17 4.07.38

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です