映画『夜のとばりの物語(吹替版)』上映会

いつ: 2019年7月20日 @ 1:00 PM – 2:30 PM

映画『夜のとばりの物語(吹替版)』上映会 2019年7月20日(土) 12:00開場 13:00上映開始(90分) 大人1000円 小中高生500円 未就学児無料 夏休みの初日の上映会。 「キリクと魔女」「アズールとアスマール」で知られるフランスのミッシェル・オスロ監督、今年の8月からは新作『ディリリとパリの時間旅行』も公開されます。オスロ監督が少年少女の愛をテーマに美しい色彩で描いた影絵アニメーション。 夜な夜な好奇心旺盛な少年と少女が、古い映画館で映写技師と共にお話を紡ぎ、6つの世界の主人公となります。その6つの短編作品を通して描かれるのは、愛のお話。呪われた人を愛した時、生贄として殺される少女を愛した時、愛の証に愛する者の命を奪わねばならない時、愛はその深さを試されるのです。 小さなお子さまがご一緒だと、映画館で映画を見ることはなかなか難しいかと思いますが、今回の上映会は小さなお子様も大歓迎! お子さまが多少騒いでも気にせず、皆で見守れるような、おおらかな上映会を開催したいと考えております。是非とも、お子様連れで田並劇場にお越しください。  

『ローマの休日』上映会

いつ: 2019年6月16日 @ 9:45 AM – 9:00 PM

6月の田並劇場上映会は、オードリー・ヘップバーンの名作『ローマの休日』をお送りします! ウィリアム・ワイラー製作・監督、オードリー・ヘップバーンと名優グレゴリー・ペック共演のロマンティック・コメディ。54年のアカデミー賞では主演女優賞、脚本賞、衣装デザイン賞を受賞。 ヨーロッパを周遊中の某小国の王女アンは、常に侍従がつきまとう生活に嫌気が差し、滞在中のローマで大使館を脱出。偶然出会ったアメリカ人新聞記者ジョーとたった1日のラブストーリーを繰り広げる。 トレヴィの泉、真実の口の名シーン、ベスパで駆け抜けるローマの街並み などなど、さまざまな映画などでオマージュされている名シーンの数々を生み出した作品です。当時新人のオードリー・ヘップバーンをアカデミー女優にまで一気に引き上げた本作、ヘップバーンの眩い魅力に溢れています。 この機会に、ぜひ『ローマの休日』をお楽しみください。 6月16日(日) 午前の部 9:00開場 9:45上映開始 午後の部 13:00開場 14:00上映開始 夜の部 18:00開場 18:30上映開始 大人1000円 小中高生500円 未就学児無料

映画「おだやかな革命」上映会

いつ: 2019年5月19日 @ 3:00 PM – 8:10 PM

映画「おだやかな革命」上映会 会場:田並劇場 上映日:5月19日(日曜日) 第1回目 15:00〜16:40(14:00開場) ★上映一回目終了後、映画で紹介された郡上市石徹白の平野さんと田並劇場をskypeでつなげます。 回目 18:30〜20:10 入場料大人1000円 小、中、高校生500円 未就学児 無料 第2 自然と向き合い、人と向き合い、地域と向き合いながら、これからの暮らしを自らの手で作り、本当の豊かさを取り戻していく地域の姿を追ったのは、前作「よみがえりのレシピ」で、伝統野菜のタネをめぐる物語を描いた渡辺智史監督。「暮らしの選択」、その先にある、「幸せな社会」に向けての取り組みが各地で始まっている。ナレーションを女優の鶴田真由が務める。 【あらすじ】原発事故後に福島県の酒蔵の当主が立ち上げた会津電力。放射能汚染によって居住制限区域となった飯館村で畜産農家が立ち上げた飯館電力。岐阜県郡上市の石徹白、集落の存続のために100世帯全戸が出資をした小水力事業。さらに、首都圏の消費者と地方の農家、食品加工業者が連携して進めている秋田県のにかほ市の市民風車。自主自立を目指し、森林資源を生かしたビジネスを立ち上げる岡山県西粟倉村の取り組み。都市生活者、地方への移住者、被災者、それぞれの「暮らしの選択」の先には、お金やモノだけでない、生きがい、喜びに満ちた暮らしの風景が広がっていた。成長・拡大を求め続けてきた現代社会が見失った、これからの時代の「豊かさ」を静かに問いかける物語。 主催:南紀自然エネルギー 協力:田並劇場

「田並から海を越えて!オーストラリアと異文化の風」 南 瑠霞バースデー手話ライブ & ローナ村上トークショー

いつ: 2019年5月18日 @ 1:00 PM – 3:30 PM

「田並から海を越えて!オーストラリアと異文化の風」 南 瑠霞バースデー手話ライブ & ローナ村上トークショー 2019年5月18日(土)13:00~15:30 【会場】 田並劇場(和歌山県串本町JR田並駅前) 【入場料】 無料(当日直接会場までお越しください) 〜移民村 田並の物語〜 今から120年以上前、田並からオーストラリアへ渡った村上安吉は、ブルームなどで当時の歴史を残した写真家として、また、かつて現地の真珠産業に大きな影響を与えた先駆的日本人の一人として知られている。 移民の歴史は異文化交流の歴史。安吉の孫の南 瑠霞(みなみ・るるか)は、今東京で、手話を言語とし、新しい仕事を開拓。手話パフォーマー&手話コーディネーターとして活動中。 オーストラリアで安吉の血を受け継いだローナ村上が、2019年5月、ルーツをたどって来日。安吉の故郷を訪問するのを機に、今回のイベントが企画された。 当日は、南 瑠霞の手話パフォーマンスに始まり、後半は、ブルームの真珠産業にも詳しい、太地町教育委員会 学芸員の櫻井敬人(さくらい・はやと)さんの協力を得て、田並とオーストラリアの歴史をたどるローナのトークショーを開催します。 ① 「南 瑠霞 バースデー手話ライブ in TANAMI 」 13:00〜13:45 <手話通訳あり> 和歌山県やお隣の古座川町、そして近隣新宮市も制定している「手話言語条例」。いま、全国では「手話は言語」という新しい風の中、日本の中のひとつの「言葉」として「手話」が受け入れられつつあります。 大学時代から、手話のエンターテイメント活動に取り組み、ドラマ「オレンジデイズ(妻夫木 聡/柴咲 コウ」・ハイウッド映画「バベル(ブラッド・ピット /役所広司/菊地凛子)」・アニメ映画「聲の形」など手話指導。NHK「紅白歌合戦2016〜ゴジラ渋谷襲来」「LIFE〜人生に捧げるコント」、ドラマ「ドクターX〜大門未知子」などの出演でも注目を集める南 瑠霞が、ミニ手話講座と、手話ライブを開催します。 あなたも、大海原の向こうを目指した移民の町 和歌山県串本町で、新しい「手話」という言葉に触れてみませんか?初心者大歓迎!! 南 瑠霞は、5月生まれ。2019年は、日系オーストラリア人の始祖、村上安吉の生まれ故郷和歌山県串本町田並で、バースデー手話ライブに変えて、この企画をお届けします。 ② 「オーストラリア移民とその未来の風 〜 トークショー」 14:00〜14:45 <英語・日本語通訳/手話通訳あり> 和歌山県串本町田並を故郷に持つ村上安吉の子孫ローナ村上と、その家族が、自分たちのルーツをたどって田並の町を訪れます。田並の中には、ご親戚が同じように、オーストラリアのほか、ハワイやアメリカ西海岸、南米などに渡られた方も多いと思います。遠く離れたご親戚の姿も思い浮かべながら、ローナの話を聞いてください。私たちの祖先の残した未来は、いま、私たちの知らない世界で大きく広がっています。 アドバイザーに、太地町教育委員会で移民史に詳しい櫻井敬人(さくらい・はやと)氏をお迎えします。 ③ 「交流・歓談」 15:30くらいまで。 来て下さった皆さんと、お茶を飲みながら交流。歓談。 主催 田並劇場 手話パフォーマンスきいろぐみ代表 南 瑠霞(るるか)