映画『顔たち、ところどころ』上映会

いつ:
2020年10月25日 @ 1:00 PM – 3:30 PM
2020-10-25T13:00:00+09:00
2020-10-25T15:30:00+09:00

映画『顔たち、ところどころ』上映会

2020年10月18日(日) 13:00開場 14:00〜15:30
2020年10月25日(日) 13:00開場 14:00〜15:30

大人1000円 小中高生500円 未就学児無料

「ヌーヴェルヴァーグの祖母」とも呼ばれる女性映画監督アニエス・ヴァルダ。(昨年の9月には田並劇場でアニエス・ヴァルダ監督作品『5時から7時までのクレオ』を上映しました。)
そして、大都市から紛争地帯、様々な場所で、そこに住む人々の大きなポートレートを貼り出す参加型アートプロジェクト「Inside Out(インサイド・アウト)」で知られるフランス人アーティストJR(ジェイアール)。

『顔たち、ところどころ』は、そんなふたりがフランスの田舎を旅しながら、村々に住む市井の人々と接し作品を一緒に作り残していく、ロードムービー・スタイルのハートウォーミングなドキュメンタリー、表現するとは何か、人に伝えるとは何かを考えさせる芸術の秋にお勧めの一本です。今回は二週に分けてお送りしますので、お見逃しなく!

STORY

映画監督アニエス・ヴァルダ(作中で87歳)と、写真家でアーティストのJR(作中で33歳)は、ある日一緒に映画を作ることにした。

JRのスタジオ付きトラックで人々の顔を撮ることにした二人は、さっそくフランスの村々をめぐり始めた。炭鉱労働者の村に一人で住む女性、ヤギの角を切らずに飼育することを信条とする養牧者、港湾労働者の妻たち、廃墟の村でピクニック、アンリ・カルティエ・ブレッソンのお墓、ギイ・ブルタンとの思い出の海岸、JRの100歳の祖母に会いに行き、J.L.ゴダールが映画『はなればなれに』で作ったルーブル美術館の最短見学記録を塗り替える・・・。

アニエスのだんだん見えづらくなる目、そしてサングラスを決して取ろうとしないJR、時に歌い、険悪になり、笑いながら、でこぼこな二人旅は続く。「JRは願いを叶えてくれた。人と出会い顔を撮ることだ。これなら皆を忘れない」とアニエスはつぶやく。

願いを叶えてくれたお礼にと、彼女はJRにあるプレゼントをしようとするが・・・。

製作年:2017年 製作国:フランス 原題:VISAGES VILLAGES 監督:アニエス・ヴァルダ 、JR 出演者:アニエス・ヴァルダ 、JR 上映時間:89分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください