田並劇場名画セレクション『オズの魔法使』

いつ:
2021年8月22日 @ 1:00 PM – 2:50 PM
2021-08-22T13:00:00+09:00
2021-08-22T14:50:00+09:00
どこで:
田並劇場
料金:
1500
田並劇場名画セレクション『オズの魔法使』

2021年8月22日(日)
12:30開場 13:00〜14:50 大人1500円 小中高生500円 未就学児無料


田並劇場8月の映画は、あの『オズの魔法使』です! 『オズの魔法使(The Wonderful Wizard of Oz)』、元々は1900年にライマン・フランク・ボームが著し、W. W.デンスロウが挿絵を担当した児童文学作品で、ミュージカルや映画など数多くの派生作品を生み出し、また多くのファンタジー小説や映画等に影響を与え続けています(あのデヴィッド・リンチ監督の『ワイルド・アット・ハート』も『オズの魔法使』を下敷きにしている)。夢みがちな農家の娘、良い魔女・悪い魔女、知恵のない案山子、心のないブリキ男、臆病なライオンなど様々なキャラクターが織りなすファンタジー・ロードムービーです。不朽の名作『オズの魔法使』をぜひ田並劇場でお楽しみください!


STORY

エムおばさん、ヘンリーおじさん、そして下働きのハンク・ヒッコリー・ジークとともにカンザスの農場に住む少女ドロシー・ゲイルは「虹の彼方のどこかに」よりよい場所があると夢見ている。彼女はトルネードに襲われて気を失った後、愛犬のトトや自分の家とともに魔法の国オズへ運ばれてしまう。そこで出会った北の良い魔女は「黄色いレンガの道をたどってエメラルド・シティに行き、オズの魔法使いに会えば、カンザスへ戻してくれるだろう」とドロシーに助言してくれた。旅の途中で彼女は(知恵が欲しい)知恵がない案山子、(心が欲しい)心を持たないブリキ男、(勇気が欲しい)臆病なライオンと出会い、ドロシーや彼らの思いを胸に、彼らと絆を深めながら旅をともにする。家へ帰る方法は「家が一番いい」と願うことであった。

脚本:ノエル・ラングレー、フローレンス・ライアン、エドガー・アラン・ウルフ 原作:ライマン・フランク・ボーム「オズの魔法使い」 製作:マーヴィン・ルロイ 音楽:ハーバート・ストサート 出演:ジュディ・ガーランド、レイ・ボルジャー、ジャック・ヘイリー、バート・ラー、ビリー・バーク、マーガレット・ハミルトン、フランク・モーガン他 制作1939年 アメリカ 上映時間101分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください