アイヌと出逢う刺繍ワークショップ 2022年5月17日(火)

ワークショップ

アイヌと出逢う刺繍ワークショップ

2022年5月17日(火)
13:00〜16:30【定員】20名、予約制(5月11日 締切)

参加費2000円 ※ お手持ちの裁縫道具(針、ハサミ、糸切ハサミ、など)ご持参ください。

講師:藤戸ひろ子先生
1976年生まれ。アイヌの家系に生まれ、幼い頃からアイヌの生活、文化、伝承、手仕事が身近にある中で育つ。2007年 近畿で「ミナミナの会」を設立。参加型の文化伝承手仕事を伝え合う場を作り活動している。ミナミナとはアイヌ語で互いに笑い合う、微笑み合うという意味を持つ。
・『伝え守る アイヌ三世代の物語』宇井眞紀子 著 (少年写真新聞社)
・大阪府国立民族博物館にアイヌの手仕事作品が常設展示
・大阪4箇所でアイヌ刺繍教室を毎月開催中
ほか活動多数

アイヌの手仕事「レクトゥンペ」を作ります。

レクトゥンペは魔除けの刺繍を施したアイヌの首飾り(御守り)。アイヌでは首、手首、足首など「首」とつく部分から魔物が入ると信じられており、それを防ぐために魔除の刺繍を入れた着物を着たそうです。
文字を持たないアイヌの人々は、唄で一家の歴史や家訓などを伝えたため、喉をとても大切にしていました。
レクトゥンペは、古くは和人との交易で得た貴重な古銭をお守りとして縫い止めたりもしたそうです。
みんなでアイヌ刺繍を楽しみながら、アイヌの伝統文化のお話をひろ子先生からお聞きします。

田並劇場

田並劇場

本州最先端、和歌山県は串本町にある古い劇場をリノベーションし、2018年よりアトリエ、シアター、cafeとして運営しています。 〒649-3515 和歌山県東牟婁郡串本町田並1547 TEL 0735-70-1046 お問合せMail tacota@tanami.jp

特集記事

TOP